スタック & 機能

Engine Yardのプラットフォームはオープンソースのテクノロジーとイデオロギーを活用し、モバイルとウェブアプリケーションの効果的で高速なデプロイ、設定と管理を自動化します。スタックを構成するソフトウェアのカスタマイズと最適化を継続的に行い、整合性、品質、あなたのアプリケーションとの互換性が常に保証されます。

Enigne Yardのエンジニアリング、コミュニティーチームはRuby on Rails, PHPのコントリビューター、クラスターエンジニア、経験豊富なDBAで構成され、Webサーバのパフォーマンス、効率のいいデータベースとあなたの必要とする長期的なスケーラビリティを提供します。

MySQL
NGINX
Riak
その他
全てはAWSかAzureのインフラ上で実行されます

専用のテナント

あなたの環境は他のお客様の環境から独立しています。外部システムに依存せず、専用のコンピュータ、ストレージ、データベースサービスを持つことができます

他社のPaaSプロバイダーと違い、インスタンスのフルコントロールが可能です。お客様専用のテナントは次のように用意されます。

  1. 新しいインスタンスを起動する
  2. すべて自動でアプリケーションと設定に従い、起動したインスタンスをプロビジョニングする
Dedicated Tenancy

プラットフォームに依存しない

あなたのインスタンスはEngine Yardのプラットフォームに依存せず直接実行されます

Platform Independence

 もしEngine Yardのプラットフォームに障害が発生しても、あなたのアプリケーションは動き続けます。言い換えれば、あなたのアプリケーションとユーザの間にプラットフォームが関与することはありません。

自在なプロビジョニング

ダッシュボードから、必要に応じていつでもインスタンスを増やしたり減らしたりすることが可能です

アプリケーションのステータスを確認し、キャパシティを追加、削除を行う、新しいバージョンをデプロイすることが可能です。

Self service provisioning

きめ細やかなコントロール

アプリケーション環境の広範囲の設定値、デプロイと管理のコントロールを提供します

Fine grained controls

アプリケーションをデプロイするところから、ソフトウェアスタックの設定をコントロールすることができます。

スケーリング

時間を費やしていた新しいアプリケーションのキャパシティ設定をワンクリックで

Engine Yard Cloudでは水平/垂直のスケーリングが簡単です。お使いのアプリケーション層に簡単にのインスタンスを追加し、そのインスタンスは自動的にアプリケーション構成を展開し、ロードバランサーに追加されます。

Scaling

データベースレプリケーション

MySQLでもPostgreSQLでもレプリケーションが可能

Database Replication

クリックだけで、データベーススレーブをインスタンスサイズの選択をし作成することができます。データベースレプリケーションの基本やクラスターのカスタマイズについてはドキュメントをご覧ください。

クローン

Engine Yard Cloud上でオンデマンドにステージング環境を維持することができます

ワンクリックで、もし複数のインスタンスによって構成されていても、プロダクション環境をクローンすることができます。


Cloning

モニタリングとアラート

アプリケーションにとってすべての重要なリソース使用率をトラックすることができます


Monitoring and Alerting

ストレージ、CPU、Memoryの使用率の監視に加え、もし追加のキャパシティー必要な時や、アプリケーションの動作が不十分なときには事前に通知いたします。さらにPremiumかManagedサポートのプランでは、上記のような場合や緊急時のエスカレーションをあなたのチームメンバーのための最適なパスにカスタマイズすることも可能です。

スナップショットとバックアップ

アプリケーションコードとデータベースは永続的なストレージに書き込まれます

アプリケーションインスタンスには/data、データベースインスタンスには/dbを自動的にマウントしデータを永続化します。また自動で定期的にスナップショットを作成します。

  • Engine Yard はスナップショットを可能にするAmazonのEBSを利用しています。
  • 一からインスタンスを再構築する場合は、以前のスナップショットから、復元する事が可能です。
  • バックアップのためのAmazonのS3サービスを利用します。デフォルトでは、データベースのバックアップは毎日行われ、10日間保持されます。
  • ニーズに合わせてダッシュボード内でバックアップスケジュールをカスタマイズすることができます。PGP暗号化して保存することができます。
Snapshots and backups

高可用性

あなたのアプリケーションをフォールトトレラントで高可用なシステムにします


High Availability

2つのレベルで提供されます

プラットフォームレベル

AWSをお使いの場合、Engine Yardのサポートインフラストラクチャは、複数のAWSのAvailability Zoneに位置しています。

アプリケーションレベル

ダッシュボートを使って、様々なリージョンにコンピュータ・クラスターを構築可能です。特定のリージョンのインフラが停止した場合にもアプリケーションが実行し続けることができるようにプロビジョニング·システムは、Availability Zoneでインスタンスを分散します。

停止した場合

  • Engine Yardが停止した場合: お客様のアプリケーションは中断することなくWebリクエストに対してサービスを提供し続けます。
  • インフラ(e.g. AWS)が停止した場合: アップタイムは影響のあったインフラストラクチャー上で走っているアプリケーションの部分に依存します。

ビジネス継続性

Engine Yardのアーキテクチャは、障害が発生したマスター·アプリケーション·インスタンスを自動的に置き換える、自動フェイルオーバーを提供します

“テイクオーバー(Takeover)” は障害からアプリケーションマスター·インスタンスを回復するためのフェイルオーバー·プロセスです。アプリケーション·マスタがリクエストに応答することができないことが検出された場合に自動的に行われます。例えば、インフラの問題、またはインスタンスのフリーズが発生し、インスタンスが短時間で回復しない場合は、Engine Yardのプラットフォームは、以下のプロセスを自動的に開始します。

  • 問題のインスタンスをターミネートします
  • アプリケーションレプリカをマスターに昇格します
  • 旧マスターのIPを新マスターにアサインします
  • 昇格させたアプリケーションインスタンスを置き換えます。そして、新しいアプリケーションのレプリカが追加されます。
Business Continuity

セキュリティ

オペレーティングシステム、データベース、およびネットワークセキュリティ(ports/protocols)、テストおよびパッチ適用を含む脆弱性管理とサポートへのアクセスを提供します


Security

Engine Yardはデータの機密性と完全性を保護することにコミットしています。Engine Yardの情報セキュリティチームは一貫して、リスクを評価し、ポリシー、デザインを定義し、ツール、内部監査及び四半期サードパーティのセキュリティ評価を組み合わせて技術的な制御および監視プログラムの効果的に運営しています。

Engine Yardにホストされたアプリケーション、オペレーティングシステム、データベース、およびネットワークインフラストラクチャを設計し、既知の外部セキュリティの脅威を軽減するように構成されています。Engine YardはSOC2準拠していますので、社内システムや開発手順に厳密さを保証することができます。また、HIPAAの準拠するようにするためのツールを提供しています。