Company

Engine Yardについて

  • 2013
    • 2013年11月AWS を利用するお客様向けにマネージドサポートの提供を開始
    • 2013年9月Engine Yard が Java に対応
    • 2013年8月Windows Azure への対応で、マルチクラウド PaaS での新たなマイルストンを達成
    • 開発者カンファレンスの Distill を初開催
    • 2013年6月 Forrester WaveTM の「エンタープライズ パブリック クラウド プラットフォーム、2013年第2四半期」に紹介される
    • 2013年5月 Engine Yard で PHP をリリースし、分散データベースの Riak に対応
    • 2013年2月 新しいフレキシブルなモジュールアーキテクチャにより、開発者に対してさらに粒度の細かいコントロールを提供
  • 2012
    • 2012年11月 Oracle が Engine Yard に少規模な投資を実施
    • 2012年9 日本オフィスの開設により、アジア太平洋地域に進出
    • 2012年8月 Engine Yard が Node.js に対応
  • 2011
    • 2011年11月高可用性とデータベースの充実によるEngine Yard Cloudの強化
    • 2011年9月Bay Partners、Benchmark Capital、New Enterprise Associates、DAG Ventures、Presidio Venturesからの資金調達でシリーズDファイナンスをクローズ
    • 2011年8月アイルランドのダブリンに拠点を置く PHP PaaS プロバイダーの Orchestra を買収 PHP への対応を達成し、 EMEA 地域に進出
    • 2011年4月開発会社とのパートナー ネットワークが200社以上に拡大
  • 2010
    • 2010年12月Open Source コミュニティ グラント プログラムを発足
    • Rubinius 1.0 GA をリリース
    • 2010年6月Verizon Terremarkのカスタマイズ可能な IaaS との連携のもと、新しい PaaS を提供
    • 2010年2月 kgb 542542がスーパーボウルでの広告向けにEngine Yardでモバイル テキスト サービス アプリケーションを展開
  • 2009
    • 2009年12月パートナー ネットワークの急速な成長 -- Ruby on Railsの開発会社が50社以上に
    • 2009年11月さまざまな業界での本番アプリケーション向けJRubyの採用の大幅な拡大
    • 2009年10月DAG Ventures、Benchmark Capital、New Enterprise Associates、Amazon、Bay Partners、Presidio Venturesからの資金調達でシリーズCファイナンスをクローズ
    • 2009年5月スケーラビリティとデプロイメントの選択肢を拡大させた新しい Engine Yard Cloud サービスをリリース
    • 2009年4月Gartnerの「2009年クラウド コンピューティング システムとアプリケーション インフラストラクチャの優秀ベンダー」として紹介される
    • Amazon Web Services で Engine Yard プラットフォームをローンチ
    • 2009年1月ジョン・ディロンが CEO に就任
  • 2008
    • 2008年7月Benchmark Capital、New Enterprise Associates、Amazonからの資金調達でシリーズBファイナンスをクローズ
    • 2008年5月 Rubinius による Ruby on Rails の稼働を RailsConf でプレビュー
  • 2007
    • 2007年12月Benchmark Capitalからの資金調達でシリーズAファイナンスをクローズ
    • 2007年1月売上高と新規顧客数の大幅な拡大 初の新入社員を採用
  • 2006
    • 2006年9月ヘラクレス データセンターにサーバーをインストール最初のお客様のデプロイを実施
    • 2006年1月トム・モルニーニ、ランス・ウォーリー、エズラ・ジグマントーヴィッチが Engine Yard を設立

Engine Yard は、開発者やDevOpsによるクラウドでのアプリケーションの計画、構築、デプロイメント、管理を容易にする優れたパブリッククラウド、プライベートクラウド双方のアプリケーション管理プラットフォームです。

信頼性のある完全なアプリケーション クラウドと専門的なサポートによって、お客様には他に類を見ないコントロールと選択肢が提供されるため、プラットフォームの管理ではなく、優れたアプリケーションの開発に集中することが可能です。

急成長のウェブ新興企業からFortune500にランクされる企業まで、Engine Yard は58か国の数千社に及ぶお客様に活用されています。 Engine Yard は、Benchmark Capital、New Enterprise Associates、Oracle、Amazon の支持を受けています。

Engine Yard の原点

Engine Yard は、開発者がアプリケーションのデプロイメントや管理、スケーリングに悩まされることなく、ビジネスクリティカルな Ruby on Rails アプリケーションを構築することへの強いニーズに対応するため2006年に設立されました。開発者のコミュニティに深く根ざす Engine Yard は、原点を見失うことなく、広範に及ぶアプリケーションでの取り組みを長年にわたって拡大してきました。

Engine Yard のスタッフは職務に熱意を注いでおり、迅速かつ行動的なチームのメンバーとして楽しみながら活動しています。また、取り組んでいるオープンソース技術を日常的に活用し、絶えずその発展に貢献しています。

Engine Yard の拠点

Engine Yard はカリフォルニア州サンフランシスコにある本社のほか、オレゴン州ポートランド、アイルランドのダブリンにオフィスを構えています。また、チームは米国のほか、世界の各地に存在します。